« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

10月27日(月) 合同研修会

Photo

市町議会議員合同研修会が県自治会館で開催されました。今回は「地方議会改革の課題」についてまた「これからの日本の政治」についてそれぞれ講演をお聞きしました。

今では議会基本条例が全国では570議会で制定されているそうです。(福井県では10の議会)しかし、まだ議会が住民に見えていないという課題やそしてこれから求められる議員力についても分り易い説明がありました。なかでも議案議決の意思決定判断の重要性を特に強調されており改めて責任の重さを感じました。いろいろな事例の紹介もありましたので今後の活動の参考にしていきたいと思います。

|

10月26日(日) 清掃活動

Photo

月に一度の井ノ口川河川敷の清掃活動です。久しぶりに参加・・・pisces会の皆さんのお陰でいつもきれいに管理されています。

先日、この河川公園で中京方面から来られた団体の方がつり大会を開催したとあるスポーツ新聞で拝見しました。記事では淡水魚が5種も釣れたと掲載されていました・・ちょっと驚きでした。そしてこの様に多くの方が釣りを楽しんで帰られること大変うれしく思いました。また来ていただきたいと思います。

話がそれましたが清掃お疲れ様でした。cancer

|

10月25日(土) 永遠の恩師

Img_07101_2
先日、高校時代の恩師が亡くなりました。高校3年間、剣道の部活動でまた寮生活でお世話になりました。

試合では常に勝つことにこだわり優勝以外の賞状は破ります・・何事にも真剣で負けた時は心から涙を流し勝った時は心から喜び決して妥協を許さない教育者でした。

今、私は地元の剣道スポーツ少年団で子ども達と一緒に汗を流していますが先生に教えていただいたことを少しでも伝えられたらと思います。ありがとうございました。

|

10月17日(金) 欧州視察を終えて

Photo

8日からはじまりました9日間の欧州調査の視察が終わりました。日本からのフライトが12時間と8時間の時差には厳しいものがありましたが・・airplane

さてイギリス、スウェーデン、オランダの3カ国を訪問しそれぞれの国の議員から雇用や福祉、医療、学校教育、農業など様々な取り組みや課題をお聞きしました。各国ともそして日本も同じですが特にこれからの高齢化社会に対する取り組みについては学ぶところがありました。今後、また、皆さんにもいろいろお話をしたいと思います。

Photo_2

ケントカウンティ市議会では委員会が開催されており傍聴させていただきました。

Photo_3

ハウテン市内では「人と環境に優しいまちづくり」ということで街の中には自転車専用道が整備されています。

Photo_4

レリースタットでは「食の安全対策」として有機栽培されている農家の訪問を行ないました。ここでは広大な畑で栽培されたじゃがいも、にんじん、ごぼうなどが収穫されていました。

|

10月8日(水) 欧州視察

Photo_2

全国市議会議長会の欧州都市行政調査に参加します。全国から28名の参加で訪問都市はイギリス、スウェーデン、オランダです。地方自治制度や地方行財政の施策、歴史的建造物の保護、食の安全対策など調査を実施します。9日間の過密日程となりますが議会の代表とてしっかり学んできたいと思います。

|

10月6日(月) 市民剣道大会

Photo

市民剣道大会が中郷体育館で開催されました。小学・中学・高校の個人戦そして地区対抗別の団体戦が行われました。我が松原地区は連覇ならず惜しくも2位でした。

久しぶりに中学・高校のOBの試合を見ました。皆の試合する姿を見るととても嬉しいです。勝負には勝ち負けがつきものですがやはり一生懸命が素晴らしいです。これからも剣道を続けて心身を練磨してまた道場で一緒に稽古したいですね・・・お疲れ様でした。

|

10月2日(木) 北陸新幹線の工事について

Img_06711

bullettrain先日の県議会の特別委員会の中で理事者から「JR敦賀駅に併設される新幹線駅の高さが8階建てのビル(地上から24m)の高さになり駅の位置は現在のホームから200m離れた場所になると」答弁があったそうです。

これは新北陸トンネル(仮称)を出ると国道8号バイパスの上をまたぐルートに設定されているためです。このことについては私も平成24年12月と平成25年3月の議会でそれぞれ質問しています。(敦賀市議会のインターネット参照)

私の考えはR8号BPの高さに新幹線を通しその上にR8号BPをもってくるというものです。そうすると機構の計画高32.15mより11.15m低くなり約21mの高さにレールが敷設されます。

それには交差するR8号BPの道路改良が必要となりますが敦賀インターまでさわる必要はありません。いかに建設コストを縮減するか、そして周辺住民への環境負荷の低減、また利用者の移動する距離も短くなります。

敦賀までの開業も急務で工期の短縮にも繋がります。一度、工事費等を比較してほしいと思います。利便性の良い駅にしなくてはなりません。

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »